ジュネーブ=笹沢教一】世界保健機関(WHO)が19日に発表した「世界保健統計」で、2015年の日本人の平均寿命は83・7歳、日本人女性の平均寿命は86・8歳でともに世界一だった。

 男性は80・5歳でイタリアと並んで6位だった。

 また、健康上支障なく日常を送れる期間を示す「健康寿命」も74・9歳と世界一で、日本の医療水準の高さを裏付けた。世界の平均寿命は71・4歳だった。



引用元:
日本人の健康寿命、74・9歳で世界一…医療水準の高さを裏付け(ヨミドクター)