“RSウイルス感染症”という病名を聞いたことがありますか? 小さな子どものいる家庭では、一般的に知られている症状かもしれませんね。ほとんどの子どもが2歳までに一度はかかるといわれるこの感染症ですが、健康な成人や妊婦さん、また高齢者が感染するとどうなるのでしょうか。お腹のなかにいる赤ちゃんへの影響は…?

今回はRSウイルスの影響や予防策などについて、医師に伺いました。

ほとんどの子どもがRSウイルスに感染
RSウイルスは、現在の成人が子どものころにはあまり一般的ではなかったものの、最近では特に赤ちゃんや幼児の間で流行することがあるウイルスとして、少しずつ知られるようになってきました。

ほとんどの子どもが2歳までに一度はかかるといわれ、冬場に発熱や咳、鼻水などを主な症状として、呼吸器系の風邪として流行することで知られています。特に1歳未満の子どもがかかると症状が重くなったり、軽い症状のように見えても急速に悪化して気管支炎や細気管支炎などを起こすことがよくあります。そのため医療機関によっては、0歳時の赤ちゃんがRSウイルス検査で陽性となった場合、特に強い症状がなくても入院するケースがあります。特に、心臓が弱い子どもは症状が重くなりやすいといわれています。

RSウイルスに感染しやすい人とは?
健康な成人がRSウイルスに感染しても、子どもほど重症化することは少ないと考えられています。免疫もしっかり完成しており、身体の抵抗力もついているため、ちょっと鼻水が出るな、という程度で済んでしまうことが多いのです。

特に乳幼児に濃厚に接する機会の多い人や育児中の人、そして保育園・幼稚園、小児科などに勤めている人などが感染しやすいといわれています。

妊婦や高齢者が感染するとどうなるの?
では、このRSウイルスが大人、特にインフルエンザなどが重症化しやすいといわれている妊婦さんや高齢者に感染したらどうなるのでしょうか。

妊婦さんに関しては、例えば恐れられている風疹などとは異なり、RSウイルスはお腹の赤ちゃんに影響するものではないことが知られています。小さな子どもを子育て中の妊婦さんも、その点においてはちょっと安心ですね。高齢者は、やはり加齢にともなって免疫力が落ちていることも多く、呼吸器症状などが悪化しやすいので注意をする必要があります。

医師からのアドバイス
RSウイルスは、手洗いやうがい、食事の栄養バランスを保つこと、十分な休息をとるなど基本的な注意で、ある程度予防できる感染症の一つです。つらい思いをしなくてすむように、こまめに予防を続けていきましょうね。

(監修:Doctors Me 医師)



引用元:
お腹の赤ちゃんへの影響は!? RSウイルスに妊婦さんが感染したらどうなるの?(GIRL'STALK‎ )