佐竹敬久知事が、育児中の職員が子供連れで県庁に出勤できる「子連れ出勤」制度の導入に意欲を示している。本格実施されれば自治体では全国で初めてとみられ、議論を呼びそうだ。

 佐竹知事は3日の定例記者会見で「人事課に、できないではなくて、やるとすればこういう職場でこういう方法でできるという(答えを出すよう)宿題を出した。希望があるか、職員にもアンケートを取りたい」と話した。

 窓口業務などでは難しいため、デスクワーク中心の職場での導入を検討している。

 「公務員には職務専念義務がある。仕事中におっぱいを飲ませることが職務専念義務違反になるのかどうかなど、公務員は難しい面がある」としながらも、「子育て支援なので、ブレークスルーで問題提起するくらいの検討をしなさいということだ」と述べた。


引用元:
県庁へ子連れ出勤 秋田知事、制度化に意欲 (産経新聞)