ベビーバスを卒業して、そろそろ大人と同じ浴槽に入ることを考えているなら、いま一度お風呂掃除のあり方について考える必要があります。

大人はまったく問題がなくても、抵抗力の弱い新生児にとっては悪影響があることも…。安心してお風呂に入れられるように、お風呂場の環境を見直してみましょう。


© takasu - Fotolia.com


お風呂場には見えない雑菌がいっぱい

お掃除しているから安心だと思っていても、お風呂場は湿度が高く、雑菌が繁殖するには最高の環境なのです。

髪の毛やアカなどの汚れもその原因の1つ。あなたのお風呂場は大丈夫ですか?


どんな心配があるの?
お風呂場に潜んでいる雑菌の中で代表的なのが、大腸菌やブドウ球菌。大腸菌が原因で細菌性髄膜炎にかかってしまうこともあります。

また、カビは胃腸炎やアレルギー、ぜんそくなどの原因にもなるので、生まれたばかりの赤ちゃんにとっては、かなりつらい環境になってしまう危険性があります。

菌を繁殖させないために
菌を繁殖させない秘訣は、しっかりと換気をすることです。菌は乾燥に弱く、湿度や温度の低い場所では増えることができません。

つまり、お風呂に入ったら早めにお湯を抜いておく、浴室乾燥機があるなら稼動させておく、窓を開けて空気の入れ替えをするといったことが、菌の繁殖を抑えて衛生的な状態を作るカギとなります。

髪や体を洗っていると、壁や浴槽に石けんの泡、水滴などがつきますが、お風呂を出る前には冷たい水でキレイに洗い流すのが効果的。お風呂掃除の際は、浴槽もしっかりと洗い、洗剤が落ちるまで流すことが大切です。

最後に、見落としがちなのが配管。追い炊き機能が付いたお風呂の場合、専用の配管にも菌が付着している可能性があるので、配管周りもしっかりと掃除しましょう。

赤ちゃんをお風呂に入れる前には、これまで掃除をしていなかったところにも配慮して、しっかりと掃除するように心がけておきましょう。

衛生的で安心できる環境をキープすることが、赤ちゃんを守るために必要なこと。もしも、ママの体調が優れない時は、パパにお風呂掃除をお願いしてくださいね。

じめじめした梅雨シーズンこそ、浴室を清潔に保って快適に過ごしましょう。


引用元:
赤ちゃんに悪影響を及ぼさないために、お風呂場の菌にご注意を(excite)