厚生労働省福島労働局は14日、福島キヤノン(福島市)、若松ガス(会津若松市)、北関東空調工業(いわき市)に、従業員の子育てを企業ぐるみで積極的に支援しているとして「くるみんマーク」を交付した。福島キヤノンは県内で初めて3回目の認定を受けた。
 若松ガスと北関東空調工業は初認定。交付式で引地睦夫福島労働局長が福島キヤノンの深沢秀樹社長、若松ガスの武田修社長、北関東空調工業の有賀行秀社長に通知書を手渡した。
 次世代育成支援対策推進法に基づき、平成20年度から男性の育児休暇取得促進や妊娠中や子育て中の社員の職場環境を整備するなどした企業を認定している。




引用元:
子育て支援で「認定証」 3団体にくるみんマーク(福島民報‎)