冬は、体が冷えて風邪を引きやすくなります。そうでなくてもインフルエンザの流行などもあり、病院が混雑する季節ですよね。具合が悪くなったら行かなければいけないところではありますが、あの独特の雰囲気が苦手という人も多いのではないでしょうか。今回はJOLティーン世代に『今まで行った中では病院のどの科が苦手?』とアンケート!


『苦手な病院』ランキング
第1位/歯科...56人(20.5%)
第2位/耳鼻咽喉科...45人(16.5%)
第3位/内科...34人(12.5%)
第4位/婦人科...22人(8.1%)
第5位/外科...15人(5.5%)
第6位/消化器科...7人(2.6%)




第1位は56人が答えてくれた『歯科』。
歯科が苦手!という人が一番多かったです。
「歯医者は痛いから嫌い」(鳥取県・高校1年生)のように、そもそも歯が痛んだときに行くところであるのに加えて、治療も痛いんですよね。麻酔を使うところも増えていますが、「歯を抜くとき麻酔があまり効いてなくてすっっごく痛くて3日間こんにゃくゼリーしか食べれなかった」(東京都・高校1年生)みたいに効かないと、痛さに苦しむことになります。
でも、「怖すぎてさぼりました」(東京都・高校3年生)はダメですよ! あとで歯が痛んで後悔することになります。嫌でもしっかりと通って治療しましょう。


第2位は『耳鼻咽喉科』と45人が答えてくれました。
首から上に症状が出たときは、内科よりも耳鼻咽喉科に行った方が良かったりします。インフルエンザの検査もやってくれますね。そのおかげか、「インフルエンザの検査したら鼻血が出てきた(笑)」(東京都・高校3年生)、「耳鼻科に行った時に鼻に思いっきり棒を入れられたこと」(群馬県・高校1年生)のように検査で鼻に綿棒のようなものを入れられて苦手になったという人が多かったです。あれ、痛いんですよね......。
「鼻に管を入れられて苦しかった」(神奈川県・高校2年生)みたいに治療で管を入れたり、「鼻炎でつらかったので、行ったら鼻カメラ入れられた。めっちゃ気持ち悪くなるし、痛かった」(兵庫県・高校2年生)という経験をした人も。でも、直接鼻に管を入れて治療した方が治りが早かったりするので、ここは我慢するしかありません。


第3位は34人が答えてくれた『内科』。
具合が悪くなったときにとりあえず行くところといえば、この内科ではないでしょうか。そのおかげか苦手という人も多いようです。
「注射したらへたくそで何回も針入れられた」(東京都・高校2年生)、「採血で血管が分かりづらくて、手こずられた」(東京都・高校3年生)、「点滴が入らなくて何回も注射を刺されてから病院がトラウマになりました(笑)」(東京都・高校3年生)といった、注射が下手な人に当たって病院に行きたくなくなるという人が少なくなかったです。痛いし、場合によっては後で内出血したりするし、なるべく上手な看護師さんに当たりたいところです。


第4位は『婦人科』と22人が答えてくれました。
よく産婦人科といわれますが、正確には産科はお産に関係する、つまり妊婦さんを診る科です。婦人科は妊娠以外の女性特有の病気全般を診る科となります。もちろん一緒に診るというところも多いです。
「産婦人科で筋肉注射した時失敗してすっごい痛かった」(東京都・中学3年生)のように、こちらでも注射のトラブルで嫌になったという人が。こればっかりは、誰もが最初は初心者なので、これから注射がうまくなってもらうしかありませんよね......。
ちなみに、「先生が怒ってくれて、逆に愛があって病院が好きになった」(神奈川県・高校1年生)という人も。こちらのことを親身に考えてくれて、その結果怒ってもくれるとなると、その先生は信頼できますね!


第5位は15人が答えてくれた『外科』。
手術など、外から力を加えて病変部を取り除く外科。手術が多い分、ちょっと怖いというイメージもあります。「とりあえず外科は怖かった」(三重県・OG)という意見があるのもうなづけますね。
ただ、最近はさまざまな工夫が凝らしてあって、「手術中に西野カナちゃんの歌が流れていたこと!」(岐阜県・高校1年生)のように、リラックスできるよう音楽をかけたりするところも増えてきています。


第6位は『消化器科』と7人が答えてくれました。
内蔵の疾患などでお世話になるのが消化器科です。主に胃腸のトラブルなどのときには消化器科に行くようにしましょう。内視鏡や超音波検査など、内蔵を診るための器具がいろいろあるのですが、ちょっと怖いイメージがあるのも確かです。
「喉に梨がつまってレントゲンを撮った」(佐賀県・高校2年生)というのは、辛かったですね。大丈夫だったのでしょうか。


その他、『病院は苦手ではない』と答えてくれたのは76人でした。
中には「入院経験があるので、その病院で過ごした入院生活1日1日が今でも大変記憶に残っております。朝起きるのがとても苦手な私ですが、朝日のおかげで毎日5時起床でした(笑) 後、新しい薬を点滴した日の夜中吐きまくって大変だったのは忘れられません!」(埼玉県・大学2年生)という、入院経験がある人からの声も。入院生活で早起きになるの、わかります。しかし、吐きまくるのは大変でしたね......。


全体的には、どの科でも痛い思いをすると苦手になるようです。歯科の歯を削ったとき、インフルエンザの検査で鼻に棒を入れられたとき、採決や注射のときに失敗して何度も刺されたときですね。痛い思いをするのはしょうがないのですが、どれも治療や検査のためには仕方が無いことなので、できれば我慢をしたいところです。その方が、最終的には治りが早かったりすることが多いですし、さぼらず通うようにしましょう!



引用元:
歯科、内科、外科……病院で苦手なのはどの科?(マイナビニュース)