ごあいさつ
院長:遠藤 誉富
当院は、昭和53年(1978年)開院当初より患者様に最適で安全な医療を提供することをモットーに診療を続けてまいりました。最近では、その最適で安全な医療にとどまらず、さらに医療環境のアメニティー(快適さ)が求められるようになってきています。こうした状況を考え、当院を全面改築いたしました。娘の聡子と共に、医療環境のアメニティーを充実させた新館にて、今まで通り地域に密着し女性の一生をとおした健康管理のお手伝いをしていきたいと思っております。


□戻る